2010年03月01日

審議拒否戦術、自民党総務会で批判噴出(読売新聞)

 自民党が24日まで続けた審議拒否戦術について、26日の党総務会で批判が相次いだ。

 大島幹事長は「週末、街頭演説して民主党の横暴さを国民に訴えてほしい」と要請したが、大島氏の退席後、平沢勝栄総務副会長は「審議拒否の理由が我々も分からないのだから、国民も分からない。街頭演説をやれと言われても出来ない」と述べた。

 菅原一秀遊説局長は「けさも駅頭で『街頭に立つ暇があれば国会に出ろ』と言われた」と不満を述べた。

高校無償化 首相、朝鮮学校の「除外」示唆(産経新聞)
社民、九州案を提示へ=普天間移設(時事通信)
<民主党>小沢幹事長と菅副総理 囲碁対決実現に政界が注目(毎日新聞)
民主・石井氏「鳥取、島根は日本のチベット」(読売新聞)
差し入れ制限規定は違法=二審も国に賠償命じる−福岡高裁(時事通信)
posted by ウメザワ ヤスヒロ at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。