2010年01月20日

女性の仕事後の見た目年齢は5歳増し?(医療介護CBニュース)

 夜の疲れた女性の顔は、朝の顔から5歳老けて見えると思う男性が全体の約4割―。ジョンソン・エンド・ジョンソンが1月13日、こんな調査結果を発表した。同社では、目の下のクマなど「疲れ目」が女性の見た目年齢の上昇に関係しているとして、目のケアの必要性を指摘している。

 調査は昨年12月、インターネット上で実施。20-34歳の男女612人(男性102人、女性510人)から回答を得た。

 それによると、男性にとって初めて会った女性の顔で印象に残るパーツは(複数回答)、「目」が88.2%で最も多く、次いで「髪」54.9%、「肌」31.4%、「くちびる」27.5%、「眉」11.8%、「鼻」9.8%の順だった。
 また、「朝の女性の顔と、夜の女性の疲れた顔では何歳ぐらい違う(老けて見える)と思うか」と聞いたところ、「5歳」が36.3%で最も多く、以下は「3歳」27.5%、「差を感じない/幼く(若く)感じる」13.0%、「4歳」10.8%、「1-2歳」9.8%、「10歳以上」2.0%、「7歳」1.0%だった。
 さらに、女性の顔で疲労感を感じるところについては(複数回答)、「目の下のクマ」55.9%、「荒れた・乾燥した肌」44.1%、「はれぼったいまぶた」26.5%、「充血した目」25.5%、「荒れたくちびる」17.6%などが多かった。

 一方、女性に対して朝と夜の見た目年齢の差について聞いたところ、「1-2歳」が30.2%で最も多く、次いで「3歳」25.1%、「差を感じない/幼く(若く)感じる」20.2%、「5歳」16.5%、「4歳」3.1%、「10歳以上」2.2%、「6歳」2.0%、「7歳」0.8%の順だった。

 同社では、「目に負担をかけない7つの習慣」として、▽パソコンの画面と目の距離を50-70cmに保ち、視線がやや下向きになる位置にモニターを置く▽1時間ごとに10分程度の休憩を取って目を休ませる▽目の渇きを感じたら、10回ほど強くまばたきをするか、目薬を1、2滴差す▽目薬・洗眼液は使い過ぎないように注意する▽小まめに水を飲む▽デスクワーク用の眼鏡やコンタクトレンズは、度数が強過ぎないものにする▽コンタクトレンズは酸素透過性の高いものを使い、目が痛い時や充血した時には外す―を紹介している。


【関連記事】
「包括的眼科検診」の受診、日本は3割以下
日食観察で目に障害、報告13例
国内の視覚障害者数は164万人―日本眼科医会
「ドライアイは病気」対策を呼び掛け
目の定期検査、「アラフォー世代」の受検率9.2%

自民千葉県連、猪口元少子化担当相を参院選に擁立へ(産経新聞)
共産・志位氏「物言わぬ民主、異常な政党」(産経新聞)
「真価問われる」民主・輿石氏が結束呼びかけ(読売新聞)
東京地検が石川議員を夜から異例の聴取、4億円不記載疑い(産経新聞)
名古屋市が住基ネット離脱へ=原口総務相に方針伝える−河村市長(時事通信)
posted by ウメザワ ヤスヒロ at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「子ども手当」どう使う? 関西ママは節約志向(産経新聞)

 6月から支給予定の「子ども手当」。幼稚園児の母親の使い道のトップは「貯蓄する」(全国平均64.4%)。首都圏ママは60.5%なのに対し、関西ママは66.7%。4位の学資保険も、関西ママは首都圏ママに7ポイントの差をつけ、“節約志向”が強い結果に。

 2位は「子供の習い事(全国平均48.9%)」。関西ママは46.0%なのに対し、首都圏ママは54.7%で、逆に首都圏ママが約9ポイント増。「学習塾の月謝」も、首都圏ママが13.7%に対し、関西ママは4.8%。首都圏ママは関西ママに比べ、子供の教育費に使う人が多そうです。

 ★「子ども手当」、どう使う?

・貯金。必要なときに子供のために使う(大阪府・37歳)

・学費以外で子供の結婚費用に充てたい(兵庫県・31歳)

・子供が「留学」や「資格取得」を目指したときの資金にしたい(東京都・39歳)

                   ◇

 園児とママの情報誌「あんふぁん」読者に2009年10月9〜22日実施。有効回答数354。

【関連記事】
デフレの悪影響懸念6割 二番底「可能性高い」4割 主要企業アンケート
しぼんだ「第3次ベビーブーム」
子ども手当、700万円の「中堅世帯」は恩恵小さめ
「消費には結びつかない」 鳩山予算に経済界は冷ややか
子ども手当、松沢知事が改めてボイコット宣言

組織トップに2年で3千万円配当 ライブリーねずみ講事件(産経新聞)
在宅起訴なら不公平=小沢氏団体の土地購入問題−自民総裁(時事通信)
献金割り振り表は「大久保被告が持参」(産経新聞)
民間人校長採用予定者に逮捕歴、就任辞退(読売新聞)
風力発電に“逆風” 買い取り価格減少、周辺の健康被害も(産経新聞)
posted by ウメザワ ヤスヒロ at 06:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

行方不明の住職、食品万引き=現行犯逮捕「金使い果たした」−福島(時事通信)

 昨年11月から所在不明となり、奈良県警が行方を捜していた住職が17日、福島市のスーパーで食品を万引きしたとして、窃盗容疑で福島県警に現行犯逮捕された。同県警によると、「金を使い果たしてやった」と供述しているという。
 逮捕されたのは、奈良県橿原市の西応寺住職庵戸真教容疑者(29)。調べに対し「京都、東京などを経由し福島に来た」と話しているという。
 逮捕容疑は17日午後5時40分ごろ、福島市南矢野目にあるスーパー食品売り場で、おにぎりなどの食品8点(計969円)を盗んだ疑い。
 福島県警によると、巡回中の警備員が金を支払わずに店を出た庵戸容疑者に気付き、福島北署員に引き渡した。所持金は100円程度だったという。 

【関連ニュース】
千葉県警警部、フィギュア万引き=現行犯で逮捕
裁判長「実刑意見あった」と説諭=猶予判決、評議に言及
警視庁巡査長を書類送検=アイス5個万引き容疑
巡査部長が食料品万引き=「金惜しかった」、停職処分に
「不況で事件懸念、積極活動を」=署長会議で米村警視総監

直木賞に佐々木譲氏、父子受賞の白石一文氏(読売新聞)
<直木賞>佐々木譲さんと白石一文さん 芥川賞は該当作なし(毎日新聞)
日米安保条約50年 普天間抜きに他の合意困難(産経新聞)
<訃報>木村治さん91歳=元札幌高検検事長(毎日新聞)
政府、日航再建を全面支援=首相、前原国交相が確認−19日に更生法申請(時事通信)
posted by ウメザワ ヤスヒロ at 10:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。